APIs

Filters

別のGreasemonkey Scriptから、AutoPagerizeの動作の途中に処理を挟むことができる。

Filter 実行タイミング 引数 用途
addDocumentFilter 次のページを読み込んで Document 作成した完了直後で、 Document からpageElement を切り出す前であり、「さらに次のページ」の URL 取得前 htmlDoc ( GM_xmlhttpRequest で取得したソースを元に作成した Document オブジェクト), this.requestURL (次のページとして取得した URL ), this.info (使用している SITEINFO ) nextLink, pageElement の取得の補助、 SITEINFO の動的な変更など
addFilter 次のページの pageElement を挿入後 pageElement ( htmlDoc から getElementsByXPath ( this.info.pageElement , htmlDoc で切り出した) 要素の配列。要素自身だと間違われやすいがあくまで配列) 継ぎ足しした部分を他の Script から操作したい場合など
addRequestFilter 次ページ取得のリクエストを送信する直前 GM_XHR用リクエストオプション リクエストのURLやオプションを変更する
addResponseFilter 次ページ取得のレスポンス取得時 レスポンス、URL レスポンスの内容を変更する

Sample

var fl = function(doc) {
    // filter process.
}
setTimeout(function() {
    if (window.AutoPagerize && window.AutoPagerize.addDocumentFilter) {
        window.AutoPagerize.addDocumentFilter(fl)
    }
}, 0)

Links

changed July 28, 2012 delete history edit